野良犬の遠吠え

MTBフリーライダー・マミ犬がファンキーな爺ちゃんを目指すためのブログ2

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

mamikenTV.3

北の国からコンチワ〜。
長いことブログを放置して広告が表示される前に更新できた。偉いぞオレ(笑)


mamikenTVの第三弾がついに完成。イェイ!
勝手気ままな動画ブログ、今回はChromag(クロマグ)のmonk(モンク)とお気に入りのパーツを紹介。
おじさん張り切ってリアブレーキのみでダウンヒルしてみたよ。
いや〜止まんないねぇ。おっかないねぇ。でもスッゲー楽しい。
早くは走れないけど自分が楽しきゃOK。
MTBは本当に自由な乗り物だね!

monkはアクションライド用のフレームだけど、前と後ろのディレーラーをつけることが可能。
シートピラーが長くなっちゃうけど、このバイクをトレールライド用に組むのもアリ。
ジャンプバイクなど、チェーンステーが短くリア三角が小さいフレームは、往々にして乗り心地が固い場合が多い。
monkはリアステーを溶接している位置をシートチューブの前近くまで持ってくることにより、ある程度パイプの長さを稼いでいる。おかげで適度にしなって、想像以上に乗り心地はマイルド。
山もブリブリと楽しく走れる最高のアクションライドフレームだ!



 

| MTB | 19:06 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

中学生ぐらいのころ
道路を、サーっと下ったけど
いつまでもこの坂道が続いてほしいとおもったよ


| 柴田聖 | 2015/11/05 06:47 | URL |

>きよしさん
そういう楽しさっていくつになっても忘れないですよね!

| mamiken | 2015/11/06 07:02 | URL |

ブレーキ使わずにドリフトってどうやるんですか⁈

| doi | 2015/11/27 22:56 | URL | >> EDIT

>doiさん
ブレーキを使わないドリフトは通称「カッティー」と呼ばれています。
かなり上級テクニックですが、マスターするとバイクコントロールが飛躍的に上がります。
キモはタイヤの荷重&抜重です。様々なスタイルのカッティーがあるので簡単に文章にするのは難しいです。
友人のプロライダーがスクールでカッティーの講習もしています。
もし良かったら受講されてみてはいかがでしょうか?
http://www.joyridemtbpark.com/

| mamiken | 2016/01/12 16:18 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。