野良犬の遠吠え

MTBフリーライダー・マミ犬がファンキーな爺ちゃんを目指すためのブログ2

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ファットバイクでカッティーやダージャン

 ご無沙汰ちゃ〜ん。
だいぶ長いことブログ放置してました。
久々過ぎてログインパスワードを失念。ログインに手こずりましたわw
とりあえず元気にやっております。色々とMTB絡みの案件もありますが、それはそのうち報告。



wozo09.jpg


 昨年の秋からKONAのファットバイク、WOZOに乗らせてもらっています。多少乗り込んでWOZOのポテンシャルをある程度引き出せるようになってきたので簡単に動画を撮影してみました(一番下に貼っておきます)。
去年、WOZOを受け取ってすぐにバリに走りに行きました。ちなみにまだ見てない人はコレです↓




この時はほぼ吊るしの状態で、まともに日本で走らずにセッティングもクソもない状態でした。
それでもファットタイヤがもたらす安定感とクッション性の良さ、グリップ力の凄さはすぐに体感できた。
ただ、正直に言うとフロントサスが少しヤワに感じました。
自分としては普通のMTBの延長として乗りたいので、当然ジャンプやドロップもしたいわけです。


つるしの状態でジャンプしてみると、空中に飛び出した瞬間にバビ〜ンって凄い勢いでフロントサスが伸びます。そりゃもうビビリましたわ。危うくバランス崩して転ぶとこでした。ファットバイクはタイヤが太くて重くて路面抵抗が大きいけど、一度スピードに乗るとジャイロ効果のせいなのか凄く前に進みます。それがジャンプして空中で開放されると恐ろしいパワーでフロントサスを襲います。標準装備のロックショックス・ブルートはインナーチューブが細いのでフロントタイヤの重さと剛性感に少し負け気味の印象。
そこで少しでもタイヤの重量を減らすためにチューブレスにしました。WOZOはチューブレスレディーのリムとタイヤが標準装備されているので、簡単に軽量化できます。ファットバイクはチューブが激重なので前後で簡単に1kg以上の軽量化が可能。これだけでサスにかかる負担が軽減され、走りが激変!

wozo10.jpg

ステムもジャンプバイクから移植し、短いものに交換。アクションライドしやすいようにハンドル位置を近づけました。
そもそも論として自分がファットバイクに興味を示したのは、雪道の走行性能ではなく急斜面の下が柔らかい場所での走行性能に期待して。砂や火山礫的な斜面を走っていてフロントタイヤが突き刺さって吹っ飛ぶことが過去に何回もありました。バックカントリースキーでパウダーを滑るのにファットスキーを使うように、似た場面でファットバイクを使いたかったわけです。

砂2


砂1


コレもバリで学びましたが、ファットバイクは凄く浮きます。狙い通りでした。直線的にラインを落とすには最高です。ただし、うまく曲がれませんでした。火山礫の斜面をキャンバー的に横切る場面では、細いタイヤの方が路面に切り込んで良いわけです。最初からフロントについているタイヤはシュワルベのジャンボジム4.8インチ。このタイヤは横から見ると丸に近い形状でノブも低く、非常にコントロールしやすいタイヤです。トレールを低めの空気圧でオングリップで走るには調子が良いです。ただ、バリのようなコンディションでは、タイヤのエッジがしっかりしていて、ノブの高いタイヤを比較的高圧で使いたいと考え、フロントだけ45NRTHのFlowbeistに変えました。
その後、砂系の急斜面でテストしましたが、狙い通りのコントロール性能になり今の所満足しています。

wozo11.jpg


体重は人によってまるで違うので参考にならないと思いますが、自分は前後ともタイヤの空気圧を0.95barで使用。
ファットバイクとしてはかなりガチガチで、自分のバイクに乗ったファットバイク好きの人に言わせると「固くてファットバイクらしさがない」そうですw
ちなみにこの仕様だと、硬い路面のフラットコーナーは苦手です。 ファットスキーで硬いゲレンデをカービングターンしようとしている感じですかね。太すぎて角度付しにくいです。空気圧を下げれば問題ないですが、グリップ良すぎてカッティーがしずらくなりますw

タイヤを柔らかくして乗り心地を良くしても、タイヤにリバウンドコントロールがついているわけではないです。自分は衝撃吸収はサスペンションに頼りたい。現在は遊びでダージャンにも入っているので100mmストロークですが、トレールやコースだけを走るなら120mmにストロークアップしたいと思っています。

今回のネタはマニアック過ぎて一般の人には? だと思いますが、日本にも数人ぐらいは「フムフム」と頷いている人がいるはず。ファットバイクを攻め攻めで乗ってみたい人は参考にしてみてください。
まだまだゲテモノ感の強いファットバイクですが、物凄く楽しいです。何よりカッコイイし!
WOZOに関して言えば、一般の人がオングリップで楽しくトレールを走るバイクとして、オールマウンテン系のフルサスと天秤にかけても良いぐらいの走行性能です。嫁に乗らせたら「フルサスより山を走るのが怖くなくて楽しい!」と大絶賛でした。初心者や女性に特にオススメです。



長くなりましたが最後に新しい動画を貼っておきます。



*念のために書いておきますがWOZOはトレールライドをターゲットに絞ったファットバイクで、決してジャンプをガンガン攻めることを念頭に開発されたわけではないです。自分の乗り方は設計者の意図とは違っています。記事や動画は参考程度に願います。

スポンサーサイト

| MTB | 21:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

mamikenTV.vol4

全国に3人ほどいる? というマミ犬TVを見ている変態さん、お待たせしました。
ヤンバルクイナより貴重なみなさんのために動画を作りましたw

今回の動画は「バリの思い出旅日記風」仕上げ。
日本でドローンと共に墜落させたgo pro。事前にチェックしたら普通に撮影できたのでバリに持っていきました。
...でもやっぱり壊れていたようです。 途中でカラカラ中から音がし出し、ピントもあってないし色もおかしかったり...。
途中でメインカメラも壊れて機材に関しては踏んだり蹴ったり。今回はトレールライド2日、バイクパークでのライドが1日(しかもスコールで乗れたのは1時間ないぐらい)とたった3日しかなかったので、スペアカメラも無し、PCも持ち込まず最低限の荷物で行きました。
映像的にはちょっと残念なカットもありますが、そこは目をつぶっていただき、バリの雰囲気だけでも楽しんでもらえれば嬉しいです。


自分が遊びに行ったのはバリバイクパークという所。旅行した時点でバリにはバイクパークが一つだけでしたが、つい最近新しいパークがオープンしたそうです。パークはスコールの影響でほとんど走れなかったので、また改めて行ってみたい!!! 
高低差がないのでコースは短いですが、それなりに大きいジャンプも有り、かなり楽しめます。
最近では世界中のトップライダーがバカンスでバリを訪れており、有名なフリーライダー達もコース作りを手伝ったりしています。全て手作業なのにコースもどんどん増殖中。 ちなみに路面が濡れていると恐ろしいぐらい滑ります♪ 100%粘土。今までこんなに滑る路面を走った記憶はないです。 どこかの変態おじさんがコースにローションでも撒き散らしたのかと思いましたw

映像の中で山を走っているシーンがありますが、それに関してはバイクガイドの他に登山ガイドも雇っています。お金はかかりますが、合法で堂々と走れるシステム。ある意味、日本より進んでいますね。
文章ばっか長くてもしょうがないので、とりあえず動画を見てください!




「バリ行ってみて〜な!」とか「WOZOに乗ってみたいな!」とか一人でも思ってくれれば作ったかいがありますね!
もしコレ見て「WOZO買っちまった!」な〜んて人がいたら、バイクと一緒に写ってる写真をメールしてくれると超嬉しいです。ブログで紹介させてもらいます!!

| MTB | 18:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バリの思い出

ファットバイクを持ってバリ島にチョロっと行って来ました。
南の島ってことでヘミングウェイよろしく「おっさんと山」的な長い文章を書いてみたんですが消えました。
テンション下がったので書き直しはしません。



バリについて簡単にいうと

「海」「山」「おっぱい姉ちゃん」

以上です。




なんだかんだで最高です。
もう一つ言うとなんだか撮影とか面倒くさくなっちゃう雰囲気です。
あ〜早くもバリが恋しい。また行きます!

写真はほとんど撮りませんでした。撮影した動画からの切り抜きを貼っておきます。
楽しそうな雰囲気だけ楽しんでください。それではまた〜!


>> Read More

| MTB | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

mamikenTV.3

北の国からコンチワ〜。
長いことブログを放置して広告が表示される前に更新できた。偉いぞオレ(笑)


mamikenTVの第三弾がついに完成。イェイ!
勝手気ままな動画ブログ、今回はChromag(クロマグ)のmonk(モンク)とお気に入りのパーツを紹介。
おじさん張り切ってリアブレーキのみでダウンヒルしてみたよ。
いや〜止まんないねぇ。おっかないねぇ。でもスッゲー楽しい。
早くは走れないけど自分が楽しきゃOK。
MTBは本当に自由な乗り物だね!

monkはアクションライド用のフレームだけど、前と後ろのディレーラーをつけることが可能。
シートピラーが長くなっちゃうけど、このバイクをトレールライド用に組むのもアリ。
ジャンプバイクなど、チェーンステーが短くリア三角が小さいフレームは、往々にして乗り心地が固い場合が多い。
monkはリアステーを溶接している位置をシートチューブの前近くまで持ってくることにより、ある程度パイプの長さを稼いでいる。おかげで適度にしなって、想像以上に乗り心地はマイルド。
山もブリブリと楽しく走れる最高のアクションライドフレームだ!



 

| MTB | 19:06 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

mamikenTV.2

またまた長いこと更新さぼってました。
だって家にPCの接続環境がないんだもん...。

北の国から勝手に暴走している動画ブログの第二弾がついに完成。
もうコッチは雪降りました。今更感満載ですけど何か!?
動画のネタにしたいことはいっぱいあったけど、
全部すっ飛ばしてルスツリゾートのコースを紹介。

ルスツリゾート!? 
えっ、来年コースなくなるかも!?
そんなことは知りません。
撮ったからリリース。
マーク&D作くんお疲れさん。







時事ネタを動画にして、月日が流れた頃に見ると恥ずかしいね。
赤面のVol.1の動画も貼っておくw


| MTB | 20:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

まったりXC in ルスツ

ご無沙汰です。
今日は自分がプロデュースしたMTBコースのオープニングイベントの案内をさせてもらいます。

MTBポスター460

北海道の留寿都村に作ったパンプトラックとミニダウンヒル。昨年はプレオープンという形でとりあえず走れるようにしましたが、今年の7月5日をもって正式オープンとなります。
現在も若干の追加作業をしており、より楽しく遊べるようにコブなどを追加しています。間違いなく去年より進化していますのでお楽しみに!


でもってオープンにあたってイベントの開催が決定しました。
誰でも参加しやすいようにBMX、DHバイク、シクロクロスなど、どんなバイクでエントリーしてもOKなクロスカントリーイベント。コアな競技色の強いものにしたくなかったので、早い人が入賞ではなく、大会サイトが事前に決めていた順位でゴールした人が入賞。簡単に言えば走るビンゴゲームみたいな感じ(笑)
コスプレ大歓迎なんで、変な格好で出場して会場を盛り上げてください!
もちろんコスプレ賞も用意します。

ご存知のように自分のライディングスタイルからクロスカントリーは縁遠いわけですが、あえて間口の広そうなクロスカントリーをオープニングイベントに選びました。
正直に言うと「大会」なんてものにしないでも、人が集まって騒げれば楽しいわけです。ただ、北海道では人脈がないもので、あえて「大会形式」にしました。
イベントを通じてライディングスタイルの違う人々の交流が生まれれば最高。
MTBライダーの熱気が地方の元気につながればもっと最高。
ルフィーじゃないけど「野郎ども宴じゃ〜!」ってやりたいわけです。


留寿都村にはルスツリゾートがあります。そっちにも間違いなく北海道で一番楽しいダウンヒルコースがあります。
今回はルスツリゾートとタッグを組み「留寿都村=MTB」を世間にアピール。
北海道のMTBシーンは留寿都村なしでは語れないですよ! 
本州のうだる暑さでバイクに乗ってないで、夏は避暑に遊びにおいで♪
バ●ラエアーとか使えば片道たったの5千円です(時季と時間によりますが)。
空港からはルスツリゾートの送迎バスも出てます。
週末に1日有給くっつければ気軽に楽しめる。
都内から白馬あたりに遊びに行くのと、実は時間的には大差なし。


どう、遊びに来たくなってきたでしょ!?
じゃあ最後にひと押し。
今回のイベントに参加すると、大会前日のルスツマウンテンバイクパークのゴンドラチケットが500円オフ、でもって宿泊料金も安くなる! 
ルスツリゾートのDHコースは根っこや岩場がほとんどないので、リジットバイクでも十分楽しめる。
どうだ来たくなったろ!
きっと君は来るはず!
遊びに来てね!
どうか来てください(笑)


そんなイベントの申し込み締め切りですが、6月14日に迫っております。
参加費は大人4,000円で子供3,000円。オリジナルTシャツと保険料込。豪華景品があたるかもしれない抽選会もあります。
コネを最大限に使って協賛品を集めています。GETできればエントリー代なんて簡単に元が取れますよ♪

■イベント詳細→★★★
■大会サイト→★★★
■エントリーはコチラ→★★★
・電話申し込み
0570-550-846(平日10:00~17:30)

・FAX申し込み(専用FAX用紙を利用して下さい)
0120-37-8434

■大会エントリー用FAX用紙→★★★

■主催 留寿都村マウンテンバイクコースオープニングイベント実行委員会

■後援・支援・協賛団体
留寿都村
留寿都村観光協会
留寿都商工会
加森観光(株)
ルスツ産業振興公社
留寿都村教育委員会
ようてい産業協同組合留寿都支所
ルスツリゾート
ルスツマウンテンバイクパーク
URGE bike products
CHROMAG JAPAN
drop8
77designz Japan
Yuris
dirtybike
Rhythm Cycles
アウトドアスポーツ846

敬称略 順不同(6月1日現在)



最後に留寿都どんなとこだよ? って人のために動画を貼っておきます。

ルスツマウンテンバイクパーク



ルスツふるさと公園マウンテンバイクコース


冒頭でものべましたが、両コースとも映像よりさらに進化しております。
ルスツリゾートのコースも今年は上級者向けのセクションを追加しています。
お楽しみに!

| MTB | 11:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ファットバイク欲しい!

あまりにブログを更新してなくて「野良死に説」が出てるみたいなんで、一応生存報告。

生きてんぞ〜!


色々と忙しくてMTBはほとんど乗ってないっす。
てかもう雪ですわ。
乗ってないくせにちょっと大きいジャンプを作って、試しにアタックしたら距離がまるで届かずクラッシュ。
1ヶ月たってもまだ足首が痛い。
派手に転がれば映像的に面白かったんだけど、世の中に出してはいけないレベルの地味なコケ&怪我。
映像あるけど封印します。

IMG_7580.jpg
リベンジ誓ってジャンプ台を大改修。たぶん次はイケルはず。
改修が終わったとたんに雪がドカドカ降ってきた。
春になったらギョウジャニンニク食って気合い入れて再アタックする!



ファットが欲し〜の
話は違うけど、最近ファットバイクが欲しくてたまらん。
チャリ1台しか所有しちゃダメって言われたら、ファットバイクにしちゃうかも。
原点回帰じゃないけど、MTB黎明期の匂いがたまらない。
ファットほど自由な空気を出しているMTBはないよね。
その気になればどこだって走れるっしょ。
凍結した間宮海峡を横断した時、こんなバイクを持ってりゃもっと楽しめただろうな。
あんときは大半が押してたよ(笑)

ぶっちゃけファットバイクって「ファットなおっさん」と「オタク専用」の乗り物だと思ってたよ。
ファットバイクの創始者とかライド映像を見ると大半がファットなおっさんじゃない!?
こんなこと言ったら叩かれんだろうけど、他の自転車に比べたら比率高いっしょ。


最近鏡見て気づいたんだよね
「あっ、俺ファットバイクに乗る資格あんじゃん」
みたいな(笑)

冗談はさておき、今年の夏にファットバイクに乗らせてもらってビビった。
カーボンのヤツだったんだけど、メチャクチャ走りが軽い。
想像以上に軽快なんだな。
重さも10kg台らしい。
でもって最近のファット動画みたらハンパなくカッコイイ!
一番最後に動画貼っておくから見てみ。
やばいっしょ、ファットでバッキー(バックフリップ)だよ。


砂1

砂2

過去に写真みたいな砂地の急斜面に挑戦して吹っ飛んだこと数知れず。
常々バックカントリースキーに挑戦するような前後ピッチの難しさを感じていた。
スキーで今やファットが当たり前のように、今後はゴビ砂漠の急斜面とかはファットで攻めるのが正解になる日が来るかもしれん!


サンタさん、良い子にしてるから今年はファットバイクを頂戴ね♪




トレールもノリノリ


PIG RODEO with David "G-RÄF" Graf from Whyex Productions on Vimeo.


レーサースタイル



ワイハ〜。後半にバックフリップ

| MTB | 18:05 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

mamiken TV

furusatomtb3.jpg
Facebookでつぶやいていたので知っている人も多いと思いますが、北海道の留寿都村にMTBコースを造りました。
地域活性化の一つとして村に提案させてもらったので、みなさんガンガン遊びにきて盛り上がってる雰囲気を出してください(笑)

場所は道の駅230ルスツに隣接する「ふるさと公園」の中です。
パンプトラックとプチDHコースが2本。
2本のDHコースは繋がっていて、上のパートが「きゃらめるきゃめる」。名前の通りラクダの背中のようなコブが連続します。ココは初心者でも走れます。
途中からバームの連続する「タイニースネーク」に接続。コチラは中級者向け。
誰もが遊びにくる公園なので、少し迷いましたが海外より少しレベルを落とした設定で「中級」の看板にしてあります。
メンテナンスを考えてコース幅は軽トラが走り回れるくらいあります。初心者でもゆっくりと走ればバームを使わずに走りきれます。怪我の予防線ということであえて中級の表示。
rusutsumtbmap.jpg




>> Read More

| MTB | 21:28 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第20回たつがねMTB大会

image008.jpg


ちわっす、みなさん元気でお過ごしですか!?
今年も「たつがねMTB大会」のお手伝いをしてきました。
ブログ読んでる人はご存知の通り、南三陸町で毎年開催されているイベントで今年で20年目!
これって凄いですよね。MTBのイベントでこんなに長く続いているのって少ないのでは?
震災ボランティアで地元の先生と知り合ったのをきっかけに、仲間とMTBやアウトドアを通じて支援を開始。
どうにかこうにか「たつがねMTB大会」を復活させるところまで漕ぎ着けたわけです。
でもって私がMCをやるようになってから3年。時間が経つのは本当に早い・・・。

南三陸の風景も行くたびに変わっていきます。まだ仮設住宅に入っている方が多いですが、大会関係者の中には新築した人もいて、今回は家に泊めてもらいました。南三陸の美味しいものをたらふくごちそうになり、今年も若干体重がUP。
「また野良犬がやってきやがった!」ってな感じで、あちこちで色々な食べ物をいただけるので南三陸にいくと毎回体重が増えます(笑) こういう人間関係を築けただけでも幸せです。

景色最高で食べ物も美味しい南三陸、来年の大会にはみなさんも遊びにきてください!


minamis1.jpg
歌津仮説商店街には鯉のぼりが泳いでいました


minamisannriku.jpg
大会会場からの景色


minamis4.jpg
コース整備

minamis2.jpg
ボランティアが贈ったバナーがお出迎え

minamis3.jpg
今年もへっぽこMCでゴメンなさい

minamis5.jpg
つつじの森を走る。翌週にはつつじ祭りが開催される

image002.jpg
参加者みんなで記念撮影


震災後、仲間と始めたボランティア活動=ワンパクドリームは今回の大会をもって完全に解散させていただきました。
詳しくは下記を参照下さい。応援してくださったみなさまに本当に感謝しております!

ワンパクドリーム→★★★

| MTB | 20:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

絶景パンプトラック

nisep5.jpg

自分勝手に楽しく走れるコースを作りたくて、昨シーズン北海道に移住してきたわけですが、ようやっと一つだけ走れる場所が完成しました〜。
コッチで知り合ったMTB仲間に手伝ってもらい、兄貴の庭に作りかけていたパンプトラックが完成。
とりあえず走れるようになりやした。協力してくれた皆さん「あ〜ざ〜す!」。
バックに羊蹄山がそびえ、ロケーションは最高。間違いなく日本一の庭でしょう(MTBライダーにとって)。

今度は私のヤンチャなラインのお手伝いもヨロピク♪

nisep7.jpg

nisep2.jpg

nisep4.jpg

nisep3.jpg

あくまでも個人の庭なんで、場所などを公開することはできません。悪しからず。
ただ、ディグ含めて興味あったり参加したい人がいれば連絡下さい!

今のところまだ走れるコースがほとんどないんで、今年もコース作りがメインでライドはあまりできない予感。
5月中旬くらいから留寿都の道の駅に初心者をメインターゲットにしたMTBコースをプロデュースさせてもらいます。
目標は7月オープンかな・・・。
コレはパブリックコースなんで完成したら誰でも無料で走れます。
公園内にBBQ場も併設されているので、北海道のMTBライダーに楽しんでもらえたら嬉しいです!



| MTB | 21:46 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。